ぱそライフ
    .com
初めてのパソコンで
はじめよう!パソコンライフ
HOME > 初めてのパソコン > パソコンを買って最初にすること
ぱそライフ.com-HOME ぱそライフ.com-初めての方 ぱそライフ.com-アフター5 ぱそライフ.com-お問い合わせ

パソコンを買って最初にすること

・Windows XPを快適な環境にしましょう

(対象OS:Windows XP)

 OSとは、オペレーティング・システムの略で人とパソコンとの仲介をしてくれるプログラムです。例えばあなたがキーボードの「A」を打つとします。この[A]と言うスペルをパソコンが認識するためには「0」と「1」の組み合わせの機械語と呼ばれるものに変換する必要が有ります。よく2進数・8進数・16進数と言われているものです。

パソコンの電源を入れると一番最初に立ち上がるプログラム、それがOSなのです。厳密にはパソコンを起動するための基本プログラム「BIOS」が一番先に立ちあがりOSの起動準備をします。2005年7月に掲載当時のOSはWindows XPでした。その後、Windows Vistaが出て2012年10月現在はWindows 7が主流となりWindows 8へと変わろうとしています。

初心者にとってパソコンを前にして何をどのようにしていいのか分からず戸惑ってしまうことが良く有ります。誰もが使いやすいインターフェースになっているのですがOSの基本的な設定でさらに使いやすい環境にすることが出来るのです。初心者、中級者、上級者とランクに合わせたり、パソコン用途に合わせた設定にすることで自分に合ったパソコン環境を構築しましょう。

ここでは初心者を対象に最適な環境を目指した基本設定の方法を紹介していきたいと思います。またマウスやキーボードと言ったパソコンの操作に慣れることや色々な便利な機能が有ることも知っておくと今後に役に立ちます。実際に、このホームページに記載している手順に従って操作されてみることをお勧めします。当サイト管理人akiの経験談や感じたことなども交え説明していきたいと思います。

  1. Windows Updateを実施しましょう
    OSは複雑で膨大な情報量です。ですから発売されてから不具合やセキュリティーホール(ウィルスなどから攻撃される欠点)などが発見されたりします。その修正プログラムや、新しい機能の追加などをOSの発売元であるMicrosoft社が無料で提供しています。Microsoft社のホームページでUpdateすると自分のパソコン情報と比べてUpdate可能な更新データをリストアップしてくれるシステムになっていて選択してダウンロードできます。
  2. ログオンを自動化しましょう
    パソコンを立ち上げるたびにログオン画面が出てきてユーザーアカウントの選択をしてパスワードを入力しなければならない。自分一人もしくは家族と使用するのであればこれほど煩わしいものは有りません。電源を入れると後は自動でOSが立ち上がってほしいですよね。
  3. パソコンのスペックを知る
    自分のパソコンのマシンスペックは分かりますか?メモリが○○MB、ハードディスクが○○GB、CPUはどこのメーカーでクロック数は○○GHzと有ります。これらはパソコンの性能を現すもので、パソコンの用途に対して適しているかどうかの判断基準になります。
    例えばビデオ編集なんかですと情報量が多くメモリ、グラフィックカード、HDD(ハードディスク)、CPUといずれもスペックの高いものが要求されます。
    数値は忘れても調べる方法を知っておくことで後で簡単に確認することができます。

    3-2.パソコンのスペックを知る-ハードディスク
    パソコンのスペックを知る上で重要なものにハードディスクの容量があります。パソコンにデータを保存できる容量には限りが有ります。画像やビデオをどんどん保存していくとハードディスクの空き容量が減っていきパソコンの動きが悪くなるなど、動作に影響が出てきます。定期的に空き容量を確認して要らないファイルなどを削除していって空き容量を増やすようにしましょう。ハードディスク全体の容量にもよりますが、三分の一程度の空きがあれば問題ないです。
  4. デフラグを実施しましょう
    パソコンはハードディスクに色々なファイルのデータを記録しています。このデータは連続してハードディスクに書かれているわけでは有りません。それは、ファイルを作成したり、削除したり、編集したりしているうちにデータが断片化して同じファイルのデータであってもハードディスク上ではあっちこっちに散らばってしまっているのです。このファイルをパソコンが呼び出そうとするときハードディスク上で飛び飛びとなっているデータを拾い集めて合成しなければなりません。このことがパソコンの処理速度を遅らせている原因となっています。断片化したファイルのデータを連続データにしてパソコンの処理速度を上げる機能がデフラグなのです。定期的に実施して快適な状態を保ちましょう。かなり時間がかかります。夜寝ている間や暇なときに実行しましょう。
  5. デスクトップの壁紙を変えてみましょう
    パソコンを起動すると一番最初の背景が壁紙です。壁紙はパソコンに最初からインストールされているものや、自分で撮った写真などを自由に設定できます。自分の好みのオリジナルデスクトップの出来上がりです。
  6. スタートメニューに「お気に入り」を表示しましょう
    「お気に入り」とはインターネット上にあるホームページのアドレス(URL)が格納されているフォルダのことです。つまり訪問したいホームページの住所が書かれているところです。この「お気に入り」を表示しておくと直接訪れたいホームページにアクセスすることができるようになり大変便利です。基本設定では表示されていないことが多く自分で表示するように設定しなければなりません。
  7. 「お気に入り」にホームページを登録しましょう
    YahooやGoogleと言った検索サイトや訪れたホームページで気に入ったサイトを見つけたら「お気に入り」に登録しておきましょう。再びそのサイトを訪れるときに「お気に入り」を表示してそのサイトの登録したときの名前をクリックすれば簡単にアクセスできます。
  8. スクリーンセーバーの設定を変えてみましょう
    スクリーンセーバーとはパソコンの電源を入れたままにして長く放置すると表示している画像やフォントがディスプレイの画面に焼き付く恐れがあり、ある一定時間放置されたときにディスプレイの表示を動きのある表示に切り替えて画面への焼き付きを防ぐものです。また、スクリーンセーバーではなくディスプレイそのものの電源を落とすことで防ぐ方法もあります。
  9. チェックディスクでハードディスクのエラーを修復しましょう
    チェックディスクとは、不意の電源断や衝撃などでハードディスク内のプログラムやデータなどに障害が起きてしまい、最悪の場合OSが立ち上がらず起動できなくなる事も有ります。そうなる前にチェックしてエラー箇所を修復するものです。OSがWindows95・98・Meではスキャンディスクと言われていました。おかしいなと思ったときは早めにチェックディスクを実施しましょう。かなり時間がかかります。夜寝ている間や暇なときに実行しましょう。
  10. セーフモードで起動してみましょう
    新しくプログラムをインストールしたりレジストリのデータを変更したりしたとき、そのパソコンの環境状況や間違いによる入力ミスによってトラブルの原因になったりOSが起動できなくなったりする事があります。OSのトラブルなどで通常起動では起動できなくなったとき、セーフモードで起動できれば正常であったときの状態に戻す修復操作などもできるようになります。トラブルになってからでは遅いので、ぜひ今のうちに修得しておいて下さい。

初めてのパソコン
MENU
初めての
ネットビジネス
アフィリエイト
ホームページ作成
パソコン
ネットビジネス・アフィリエイト必須アイテム
ぱそライフ-パソコンライフの紹介
ぱそライフ.com-HOME 初めてのパソコン
Copyright 2005@ Pasolife.com. All Rights Reserved.