ぱそライフ.com
<<前のページ | 次のページ>>
2012年5月14日(月)
パソコンパーツ 最新のCPU事情
パソコンの性能を表すもので、パソコンにとって最も重要なものは中央処理装置と言われる「CPU」です。人間に例えると心臓部と言えます。

このCPUには大きく分けて二つの流れがあります。一つはIntel(インテル)、もう一つはAMD(エー・エム・ディー)です。

どちらも競って最新のCPUを開発しています。もちろんWindows 7にも対応しています。

同じ会社のCPUにもたくさんの種類があります。Intel(インテル)にはCore i7 , Core i5 , Core i3 など・・・、AMD(エー・エム・ディー)にはFX(AMD FX) , Phenom II X6, Phenom II X4 , Phenom II X3 など・・・があります。使用目的に対応したハイスペック、スタンダード、エントリーなどに分けられます。

ですが、どれが最新で、その中でも一番性能が良いのはどれなのかがなかなかわかりません。

そこでネットで調べて一覧で表示してみることにしました。上に記載のものほど現在使用されている最新で最も性能が良いものと言えます。しかし、下位のものでもクロック数が高く動作が速いものも有りますので一概には言えません。

Intel(インテル)やAMD(エー・エム・ディー)のCPU名の後ろには番号や記号が付いています。例えばIntel(インテル)では「Core i7」の後ろに「Core i7 980X」、AMD(エー・エム・ディー)では「AMD FX」の後ろに「AMD FX 8150」となっています。

CPUはデスクトップPC用とノートPC用があります。どちらも同じCPU名がありますが、見分けはどうしたらいいのかなと疑問に思う方もおられるかと思います。製品名、番号の中に見分ける方法がありますので紹介したいと思います。

AMDのCPUには製品名とモデル番号があります。例えばAシリーズの場合、デスクトップPCではA8-3850、A8-3870Kなのに対し、ノートPC・モバイルPC向けはA8-3550MX、A4-3320Mの様に最後にMMXの記号が付きます。Phenom IIは、X920、N930、P920、V120の様にモデル番号の最初にX,N,P,Vが付きますので見分ける際の参考になります。

インテルの場合はプロッセッサーナンバーと言い、-660LM、-620UM、-2920XM、-2640Mの様に最後にMが付きます。稀にEが付くものも有りますので注意が必要です。

インテル、AMDのどちらも基本的に同じCPU名、同じシリーズの番号であれば数値が大きいほど性能が良いものと言えます。

CPU 一覧
デスクトップPC用 CPU Intel(インテル) AMD(エー・エム・ディー)
  • 現在、主流のCPU
Core i7 Extreme
Core i7
Core i5
Core i3
Core 2 Quad
Core 2 Duo
AMD FX
A-Series
Phenom II X6,X4,X3,X2
Athlon II X4,X3,X2
Sempron
  • チョッと前まで主流だったCPU
  • ほとんど使用されなくなったCPU
Pentium Dual-Core
Pentium D
Pentium4
Celeron D
PentiumIII
PentiumII
Phenom
Athlon X2
Athlon 64
Athlon XP
Athlon
K6
ノートパソコン用 CPU
  • 現在、主流のCPU
Core i7 Extreme
Core i7
Core i5
Core i3
Core 2 Quad
Core 2 Duo
A-Series
Phenom II
Turion II
Athlon II
E2-Series
C-Series
  • チョッと前まで主流だったCPU
  • ほとんど使用されなくなったCPU
Atom
Core 2 Duo
Pentium M
Celeron M
Core
Phenom
E-Series
Athlon 64 X2
Athlon 64
Turion
サーバー用 CPU Xeon
Itanium
Opteron
パソコンの進歩は日進月歩!パソコン本体に組み込まれるパーツもまたしかりです。パソコンを選ぶ上で最小限度のことは知っておくべきだと思います。知っていることで後から「失敗したな」と後悔することなく、間違いのない選択ができるからです。

これからパソコンの新規購入や買い替え、PCパーツのグレードアップ等を考えておられる方は、最新のパソコン・パーツにについての情報を事前に集め予備知識を習得しておきましょう!
ぱそライフ-パソコンライフの紹介